ライトニングのセキュリティ監視は必須!ウォッチタワーとは

posted in: Bitcoin, Lightning | 0 |
Reading Time: 1 minute

ウォッチタワーはセキュリティ監視役

ウォッチタワーとは、スマフォなどが数日間オフラインになっている間、ペイメントチャネルの相手が悪意ある行為、例えば、古くなった取引データ(HTLC)をブロックチェーンにブロードキャストした場合に対処するセキュリティ対策のことです。ウォッチタワーは別名ブロックチェーンモニタリングとも呼ばれたりします。


ライトニングネットワークでは、双方でビットコインの残高を取引ごとに更新していきます。但し、ブロックチェーンへは発信せず、お互いのウォレットにその更新データを保存するだけです。古くなった取引データは無効となりますが、技術的にはこの無効な取引データをブロックチェーンへ発信することが可能です。


しかし、この無効な取引データがブロックに取り込まれ、悪者がコインを盗むためには一定時間の経過後になります。この期間内であれば、自身は有効な取引データをブロックチェーンに発信することで防ぐことができ、相手方にペナルティーを科すこと(ビットコインの没収)ができます。しかし、スマフォなどのデバイスは電源が切れていたり、オフラインになることがよくあります。知らない間に一定期間が過ぎてしまい、悪意ある取引データがブロックチェーンに取り込まれコインを盗まれてしまう可能性があるのです。


そこで、ウォッチタワーが、この悪意あるデータがブロックチェーンに発信されていないか逐次監視し、発信されていればそれを対処してくれます。


ウォッチタワーの特徴

  • 常時稼動している必要があり、サーバ的な存在。
  • スマフォなどのデバイスからHTLCsを受信・保管する。
  • ブロックチェーンでブロックが発掘される度にそのブロックに悪意あるデータがあるかチェックする。発見した場合は、保管してたデータを使いブロックチェーンへ発信しコインを取り戻す。


ウォッチタワーの実装状況

各ライトニングノート開発団体によるウォッチタワーの実装は以下の通りです(2018-07-20時点)。ウォッチタワーの詳細仕様は追って解説したいと思います。

アプリ名 状況
c-lightning 未実装/議論済
lnd 実装中
lit 実装済み
eclare 未実装

ウォッチタワーの仕様は様々な場所で討論されており、現状は実装・実験中です。BOLTにもまだ提案されていません。


スマフォ用ライトニングウォレットは危険!?

現時点でウォッチタワーは実験段階であり、litのみ実装済みですが、ウォッチタワーを使用するには、ユーザーのウォレット側も対応する必要があります。Eclare Walletは現状受取ができないため、相手方が不正をすることはできません(というか不正する意味がありません)。受取ができるLN対応ウォレットは、数日間アプリを起動しない場合、悪意あるノードにコインを盗まれてしまう可能性があるので、大金をライトニングネットワーク対応ウォレットに保管しないほうが良いと思います。



ライトニングペイを体感してみよう!

本サイトでは英国ブランドのジャックウィルスをライトニングペイで購入いただけます。その他通常のビットコインやライトコインにも対応しています。以下の写真をクリックし商品ページより購入できます。

サンドルフォードTシャツ
クロムフォードノットTシャツ
短編小説(デジタル商品)

コメントを残す