ライトニングで手数料は稼げるのか

posted in: Bitcoin, Lightning | 0 |
Reading Time: 2 minutes

ライトニングノードを立ち上げてから1ヶ月以上が経ち、安定してきたので、そろそろルーティングで手数料を稼ぐための計画を立ててみました。本ブログはライトニングネットワークの仕様BOLTとc-lightning(v0.5.2-2016-11-21-2716-g1125682)を元にしています。


ルーティング手数料の確認

ルーティング手数料を決めるには2つの定数base_feeとfee_rateを使い、以下の計算式となります。


手数料 = base_fee + ( 送金量 * fee_rate )


base_feeは基本料金みたいなもので、ルーティンごとに固定の値です。c-lightningではデフォルトが1000 msatoshi*1 となっています(以降msatと表記する)。fee_rateはルーティングする送金量に対する割り増し比率です。デフォルトは10 millionths/sat*2 となっています。例えば、100 satoshiをルーティングする場合の手数料は以下となります(単位はmsat)。


1000 + ( 100000 * 10 / 1000000 ) = 1001 msat


*1 1000 msatoshi = 1 satoshi

*2 millionths:100万分の1のこと


c-lightning表記 BOLT表記 デフォルト値

base_fee

fee_base_msat*2 1000 msat

fee_rate

fee_proportional_millionths 10 msat


ここで、アリスがボブ経由でキャロルへ1000000 msatを送付する場合について考えています。ボブのルーティング手数料はデフォルト値(上記表参照)とします。アリスは上記の計算式の結果、1001 msatを手数料として支払う必要があるため、合計で1001001 msat支払うことになります。手数料は約0.008円です。安い!


ルーティング実績の確認

今回は私のライトニングノードがどれだけルーティング手数料を稼いだのか確認してみました。が、LNDにはfeereportというコマンドで手数料を確認できるのですが、c-lightningにはそのようなコマンドがなく、手数料の確認ができませんでした(確認方法があれば教えてください)。

(2018-07-24更新)ルーティング手数料を確認するc-lightning用SQLを考えてみました。たぶんこれでいいはずです(間違っていたら教えてください)。

sqlite3 $HOME/.lightning/lightningd.sqlite3 "select sum(a.msatoshi - b.msatoshi) from channel_htlcs a inner join channel_htlcs b on a.id = b.origin_htlc"

実行結果は 11098 msatoshiでした。なので約11satoshi分しかルーティング手数料は稼いでいませんでした。笑


ルーティング手数料はどれぐらい稼げるのか?

では、ルーティング手数料はどのくらい稼げるのか1ルーティング:1 satoshiを手数料として計算してみました。結果、1ヶ月に1000回ルーティングしても100円弱程度しか稼げません。mainnet.yalls.orgなどの有名サイトでも月1000回程度のルーティングなので、ライトニングノードで手数料を稼ぐのは厳しいかなと思います。


ルーティング回数 手数料(単位:satoshi) 円換算
1000回 1000 satoshi 83円


ライトニングペイを体感してみよう!

本サイトでは英国ブランドのジャックウィルスをライトニングペイで購入いただけます。その他通常のビットコインやライトコインにも対応しています。以下の写真をクリックし商品ページより購入できます。

サンドルフォードTシャツ
クロムフォードノットTシャツ
短編小説(デジタル商品)

コメントを残す